諦めていたのに…独身主義の「ソロ男」が結婚を決める3つのポイント

2957647575_d634aa2020_o

晩婚化が進んでいるといわれるなか、付き合っている彼に結婚の意思がなくてヤキモキしているハナクロ世代の人も多いのではないでしょうか?

結婚どころか恋愛離れが止まらない昨今、婚姻までこぎつけるのはなかなか大変かもしれません。とはいえ、できることなら好きな人と結婚したいと思うのが女心。

そこでここでは、独身主義を通すゆとり世代のソロ男が結婚を決める3つのポイントをご紹介します。

お金の不安を解決する

▽「今の収入では子どもどころか奥さんのことも養えない。専業主婦志望でない仕事が好きな女の子だったら結婚へのハードルは低くなると思う」(27歳・医療)

ゆとり世代がソロ男を選ぶ大きな要因としてあげられるのが「お金」の問題です。ひと昔前であれば、男性が女性を養うというケースが多くみられましたが、今では養うということそのものが難しくなっています。

「私も働くから一緒に頑張ろう」「一緒に世帯収入を増やそう」などと自分も働いてお金を稼ぐことを伝えれば、ソロ男も結婚に踏み切るかもしれません。

とはいえ「俺が養いたい」「家事はやってほしい」という気持ちの強いソロ男の場合、自身のプライドが許さずになかなか結婚までたどりつかないケースも。

時間の不安を解決する

▽「自分の趣味の時間がほしいから結婚したくない。個人の時間を大切にできる関係なら結婚してもいいと思うかも……」(25歳・公務員)

自分ひとりきりの時間を大事にしたいゆとり世代のソロ男にとって、時間にしばられるのは拷問と等しき行為です。趣味ややりたいことに費やす時間を確保してあげると約束できれば、結婚に対しても前向きに検討し始めるかもしれません。

とはいえ、結婚というのはお互いの時間を共有していくもの。「自分の時間が第一優先」というソロ男と結婚しても、素敵な生活が遅れるとは限りません。そんなソロ男たちに変わってもらうためには、彼らが「帰りたい場所」であることが重要です。

絶対的な味方でいる

▽「心のよりどころになる相手を見つけたら。実家以上にくつろげる場所だったら結婚したいなぁ」(22歳・学生)

SNSやネット上で人とのつながりができる今、オフの状態での人との密なつながりがより貴重なものになっています。特に我が強く自己肯定感の強いソロ男にとって、自分を特別な人として扱ってくれる女性のことを大事にします。

なにがあっても絶対的な味方でいること。また、彼を認め心のよりどころとなることが、ソロ男に「結婚したいな」と思わせる秘訣かもしれません。

独身主義者で飄々と生きていくソロ男たち。彼らから「結婚」の2文字を引き出すのは、女子たちの腕がかかっています。

よく読まれている記事