婚活は意味ナシ…?!日本では「なんとなく婚」が主流だと判明!

main

若者の恋愛離れや晩婚化が叫ばれるなか「結婚したいのにしてくれない!」「なかなかいい出会いに恵まれない!」とヤキモキしている独身女性も多いはず。

周りの結婚ラッシュが重なるなか、いつまで自分はひとりでいるのだろうと不安になることもあるでしょう。

いったい周りは何をきっかけに結婚をしているのでしょうか?ここでは出会いからプロポーズまでの現代の結婚の平均値をまとめてみました。

婚活は意味ナシ!?出会いのきっかけは「職場」と「紹介」が圧勝

2014年5月、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が既婚の男女1517名を対象に「結婚に関するアンケート」を行ったところ、結婚相手と知り合ったきっかけのトップは「職場」(33.6%)でした。

次いで「知人・友人からの紹介」(25.5%)、学校(14.2%)という結果になります。結婚している人の多くは、職場や学校、友達の紹介など自然な流れで出会うことが多いようです。

最近では結婚相談所の利用や、ネットを使った婚活サービスを使う人も増えていますが、実際に結婚にまでこぎつけている人はまだまだ少ない模様。結婚相手とネット上で出会った人は3.2%、結婚相談所にいたっては0.9%という結果になりました。

結婚の決め手は「自然に」がトップ。約3人に1人が「プロポーズなし」と判明

結婚を決めた理由は「自然に」33.6%がトップでした。次いで「適齢だったから」が10.2%、「この人以外はいない!と思ったから」が9.5%です。

30歳、35歳という年齢の節目を理由に結婚に踏み切る人もいますが、自然な流れで結婚を決める「なんとなく婚」がもっとも多いことがわかりました。

さらに、プロポーズをしたという男性は64%、女性は2.2%。残りの33.6%の人は「はっきりしたプロポーズはない」と答えており、こちらも「なんとなく自然な流れで結婚に至った」という実情が見られますね。

結婚までのお付き合い期間は平均2~3年

みなさんのなかにも「3年付き合ったからそろそろ結婚したい」「4年付き合っている彼と結婚しないのかって親が聞いてくる」という人もいるでしょう。お付き合いから結婚に至るまでの交際期間は20~50代までを平均して2~3年です。

次いで1年~1年半未満が14.8%、7か月~1年未満が13.9%という結果になりました。交際歴が長いからといって結婚に行き着くとも限りません。結婚の準備を1年とすると、交際1~2年の間にきちんと彼に結婚の意思があるのかどうかを尋ねたほうがよさそうですね。

総合してみると、職場で出会った人と2~3年の交際の末、自然に結婚へ向かうのが定番のコースです。「いい出会いがないから」と合コンや街コンなどのイベントを利用して婚活に励んでいる人も、職場や旧友などをたどって身近な人を掘り起こすほうが、結婚へのゴールは近いかもしれません。

よく読まれている記事