まるで少女漫画みたい?!幼なじみ婚が増えているワケ

aa924a3a58d4bce6387b79c0f49e9d24_s

今年5月、サッカー日本代表の内田篤人選手(27)が結婚を発表。お相手はなんと小学校時代からの同級生なのだそう。そんななか、6月16日に放送された、朝の情報番組「ZIP」で幼なじみ同士が結婚する「幼なじみ婚」が特集され、ネットでは大反響となりました。

昔好きだった彼と運命の再会……!なんてまるで少女漫画の世界のようでロマンティックですよね。そこで今回は、幼なじみ婚が増えているワケに迫ってみました。

幼なじみ婚が増えているワケは「SNSの普及」

番組の調査によれば、40~50代の夫婦では50組中「幼なじみ婚」は1組だったのに対し、20~30代の夫婦では50組中7組が「幼なじみ婚」だったとのこと。

さらに、国立社会保障・人口問題研究所が実施した「出生動向基本調査」によれば、配偶者との出会いのきっかけについて、「幼なじみ」と回答した人が、2005年では1.0%だったのに対して、2010年では2.4%。もともと母数はそれほど多くないものの、ここ数年で2倍以上に急増していることが明らかとなりました。

この結果についてZIPでは「SNSの普及」を理由に挙げています。近年、FacebookやTwitterなどで幼なじみと再会するケースが増えているそう。実際、筆者の周りでも同窓会の呼びかけは、FacebookのイベントページやグループLINEが主流となり、しばらく音信不通だった友人とも連絡を取ることができた、という話もよく耳にします。

昔に比べて、友人同士が連絡を取りやすくなったため、地元から離れてもネット上で旧友と偶然再会し、交際に発展するというケースにつながっているようです。

ゆとり世代の6割弱「幼なじみ婚」に好印象!

さらに、株式会社パートナーエージェントの調査では、20代男女に「著名人の幼なじみ婚や同級生婚についてどう思うか」を尋ねたところ、「非常に好感を持てる」(25%)、「好感を持てる」(31.5%)。特に交際相手のいる回答者の間では、7割以上が好感を抱いているようです。

昔からの知り合いだとお互いのことをよく知っていて、安心感もあるもの。かっこつけることなく、ありのままの自分を見せられるのも幼なじみ婚の魅力なのかもしれませんね。

今恋人がいない人は、FacebookやLINEで、昔片思いしていたあの人の名前を検索してみては。運命的な再会が待っているかもしれませんよ。

よく読まれている記事