女子の本音!結婚式にこだわりを持つ「イケ婿」ってどう思う?

d617ce4bba1b8dd0928df911a164bfd0_s

かつて結婚式といえば「花嫁が主役」というイメージがありましたが、最近は、男性も積極的に結婚式の準備に参加し、イベントを盛り上げようとする「イケ婿」が急増しているそうです。

株式会社テイクアンドギブ・ニーズの調査によれば、独身男性の約6割が「結婚式にこだわりを持ちたい」と回答。男性も結婚式に意欲的な傾向があることが読み取れます。

なかには、結婚式当日に花嫁が持つブーケやウェディングケーキを自ら手作りする男性までいるのだとか。これほどこだわりが強いと花嫁と意見が合わずに、衝突してしまうこともありそうですよね。女性たちは、イケ婿ブームに対してどう思っているのでしょうか。

女性の89.6%「イケ婿は魅力的!」

同調査では、独身女性222名に「結婚式・披露宴の準備に積極的な男性は魅力的ですか?」と質問したところ、45.0%が「強くそう思う」、44.6%が「少しそう思う」と回答。全体の89.6%がイケ婿に前向きな印象を持っていることが明らかになりました。

また、結婚式や披露宴の段取り、準備の理想については、70.4%が「新郎新婦が一緒に行う」と回答。「新郎新婦が一緒に決めて、実作業は新婦」(15.8%)と合わせると、86.2%の女性が、一生に一度の結婚式は2人のこだわりを存分に詰め込み、悔いのないようにしたいと考えているようです。

イケ婿と結婚すれば夫婦円満?

さらに2011年にゼクシィが行った調査によると、花嫁に「イケ婿のことどう思う?」と聞いたところ、「計画が苦手な私に代わり、各準備に取り組む目安を明確にしてくれたので、効率的に進められた」、「準備をひとりでやらずに済むのでマリッジブルーにならなかった」、「シビアに細かい点まで見てくれる」など、一緒に準備してくれると「うれしい」「助かる」という意見が大半を占めていました。

なかには、お互いのこだわりが強くて衝突してしまったなどの意見もありましたが、それでもやっぱり、男性が手伝ってくれるのはうらやましいですよね。

結婚式は、二人にとって初めての共同作業。当日までの準備は、いろいろと大変なこともありますが、心優しく、感性豊かなイケ婿であれば、その後の夫婦生活も円満に過ごしていけるかもしれません。

よく読まれている記事