これってアリ?ナシ?「彼女からの結婚したいアピール」を大検証

1903ff1da77c3406b77780936d13fd33_s

結婚に後ろ向きな草食男子が増える昨今、女性側から「結婚したいアピール」を仕掛けるのは、男性にふたりの将来を真剣に考えてもらうきっかけ作りとして、大切なこと。しかしながら、なかには男性をげんなりさせてしまう、NGアピールもあります。

今回は、株式会社シーマが2015年7月に実施した「結婚に関する意識調査」を参考に、男性に好印象を与える「結婚アピールの仕方」を学んでいきましょう。

男性が引いてしまう結婚したいアピール

まず男性に「交際中の恋人が『結婚してほしいアピール』としてやっていたら、少し引いてしまうかもと思うこと」を聞いたところ、上位にランクインしたのは以下の言動でした。

1位「親がうるさいんだよね……などと周囲の話をする」(42.1%)
2位「結婚情報誌をさりげなく置いている」(37.2%)
3位「友人に話を広めて周りから勧めてもらうようにする」(37.2%)

男性から不評だったのは、「外堀を埋める作戦」でした。友人や両親から外堀を埋められて結婚に至る男性はけっこういるもの。しかし相手がその気になっていないときに、周りからプレッシャーを与えても逆効果。「まだそんなつもりはないのに……」と距離を置かれてしまうかもしれません。

また、結婚したいあまり多発している「ゼクハラ(ゼクシィを彼の前に置くこと)」も、結婚を考えていない男性にとっては「追い詰められている」とげんなりするようです。

好感が持てる結婚したいアピールはコレだ!

続いて、好感が持てる行動について見ていきましょう。

1位「●年後はどうしてるかな……などと将来の話をする」(46.8%)
2位「手料理やお弁当を作って、家庭的なことをアピールする」(44.4%)
3位「友人・他人の赤ちゃんや小さなこどもをみて、『子どもかわいいね』などとアピールする」(32.4%)

男性は、女性に「家庭的な雰囲気」を感じると、結婚を意識するもの。恋愛や結婚に興味のない男性が増えているとはいえ、「男をつかむなら胃袋をつかめ」の法則は、いつの時代も変わらないようです。

また、温かい家庭への憧れが強い男性には、子どもや小動物を可愛がる女性も人気があります。結婚したい女性の職業で、いつも保育士が上位にランクインしていることからも、その理由が分かりますよね。「子ども好きで優しいままになれそう」と思わせるのがポイントのようです。

彼がその気にならないからといって、「結婚、結婚……!」と直接的なアピールをすればいいというものでもないようです。相手の性格や気持ちを考えたうえで、効果的なピール方法を心掛けたいものですね。

よく読まれている記事