コスパを求めるのは男だけじゃない?結婚したくない女子の言い分

結婚したくない女子のホンネとは?

株式会社明治安田生活福祉研究所が実施した「20~40代の恋愛と結婚」に関する調査によれば、20代女子のうち「恋人がいる」と回答したのは約4割。2割は「交際経験がない」と回答しました。

最近では結婚を損得で考える「コスパ男子」が話題となっていますが、実は、女子の間でも「幸せな結婚生活がイメージできないから」と恋愛や婚活に対して消極的な人が増えているそうです。

今回は、そんな女子たちの「結婚したくない理由」に迫ってみました。

自由な時間を奪われたくない

▽「今は仕事が第一だから。男も子育てする時代と言われているけど、出産や子育てで会社を退職する先輩を見ていると、まだまだ女の負担が大きいと感じるから」(25歳/金融)

働く女性には、生活や仕事の自由を奪われることへのジレンマがあるようです。

結婚して子どもが産まれると、自分中心の生活から家族中心の生活へ、生活リズムを見直さなければならないもの。まだ社会人として中途半端な20代女子とって、結婚や出産は、自身のキャリアを考えるうえで「リスク」と感じるようです。

親戚付き合いが面倒

▽「私の彼氏は一人っ子で、母親がかなり過干渉だから。結婚して彼のご両親とうまくやっていく自信がありません」(26歳/教育)

お正月やお盆に帰省したり、誕生日や敬老の日に贈り物や電話をしたり……そうした人間関係のしがらみが面倒という声も聞かれました。

結婚は家と家との結びつき。現代は昔に比べて親戚付き合いが減ってきているとはいえ、お互いの両親や兄弟とのつながりは欠かせないもの。とくに彼の母親が気難しい場合、「嫁姑問題」で苦労するのでは……と結婚に踏み切れない人もいるようです。

結婚にプラスのイメージが持てない

▽「付き合うだけなら気楽でいいけど、いざ結婚となると彼と一生、円満に暮らせる自信が持てない。生活に追われてすれ違いが起きてしまわないか不安」(26歳/事務)

昔に比べて、出会いの機会や人生の選択肢が増えた分、何十年も続く結婚生活に対して、ひとりのパートナーと同じ方向を見つめて歩き続ける覚悟を持てない女子が増えているようです。

また、現代は、夫婦の3組に1組が離婚する時代。幸せの絶頂で結婚したはずの友人から、数年後に「別れた」なんて報告を聞くと、離婚が他人事では思えなくなってしまうのかもしれません。

経済的な不安

▽「この不況の中で、結婚して家族を持つことに対して、憧れより苦労のイメージが先行してしまう」(25歳/保育士)

電通総研の「若者まるわかり調査2015」では、「現在不安だと思うこと」について20代社会人女子の66.3%が「お金」と回答しています。

結婚すれば生活費は安く済むとはいえ、「マイホーム」や「子どもの養育費」への経済的な負担が重くのしかかります。その上、不透明な年金制度やサラリーマンの年収が減り続けていることへの不安が、若者の結婚意欲を低下させているようです。

寿退社で専業主婦になるのが当たり前だった時代に比べて、独身女子たちの結婚への不安や心配事は尽きない様子。

先行き不透明で不安定な時代だからこそ、円満な結婚生活を送るうえで大切なのは、パートナー選び。年収や社会的地位などの条件を並べるのではなく、困難やトラブルに対して協力して乗り越えていける相手かどうかをしっかり見極めていくことが大切かもしれませんね。

よく読まれている記事