ゆとり女子が「格下恋愛・格下婚」を選ぶと幸せになれる3つの理由

切り捨てるのはもったいない?自分より格下の彼と付き合うメリット

はじめて「婚活」という言葉がメディアに出たのは2007年のこと。そこから8年の月日が流れ、今度は結婚を嫌がる「嫌婚派(けんこんは)」という言葉が登場しています。

恋愛しない若者が増えていくといわれる風潮のなかで「恋愛しなくても楽しいし今のままでいいかな」「恋愛なんか、面倒くさい」などと思っているゆとり女子も多いでしょう。

とはいえ安定志向といわれるゆとり世代。心の底では「いつかは家庭を築いて安定させたい」なんて思っている人もいるはずです。そんな人にこそ、頑張らなくても済む「格下恋愛・格下婚」をオススメします。いったいどういうものを指すのでしょうか?

「格下恋愛・格下婚」って?

「格下恋愛」とは、収入・容姿・学歴など目に見えるスペックにおいて総合的に自分よりも相手のほうが下の人と恋愛をすることを言います。そして、この相手と入籍することを「格下婚」と言うのです。

スペック重視の人が多いバブル女子に比べて、ゆとり女子は目に見えるわかりやすい形のスペックよりは性格の相性や地道な努力をポイントとして見ることが多いもの。もしかすると格下恋愛や格下婚はゆとり女子にぴったりの恋愛といってもいいかもしれません。

格下恋愛や格下婚は、しゃかりきになって恋愛を頑張らなくても手に届く場所にあります。どんなメリットがあるのでしょうか?

1:愛されることで心に余裕ができる

▽「浮気の心配がなく愛されている自信ができたことで、心に余裕が生まれた。周りからはなんであの人なの?ってよく聞かれるけど(笑)」(26歳・マスコミ)

愛されている自信のある女性は、たいてい心が安定しています。心に余裕ができることで、女性は一層輝くもの。先の見えない不倫や浮気性の彼氏に振り回されるよりも、ずっとキレイでいられるようです。

2:無理をせずに楽な気持ちでいられる

▽「非モテな彼氏。最初のうちは彼の恋愛にダメ出しをする友達的なポジションだった。当時の彼氏と別れて久しぶりに会ったときに、この人といると楽だなぁって思って、自然と好きになっていった」(27歳・保育)

恋愛に夢中になると、つい無理をして自分を取り繕ってしまったり猫を被ってしまうこともあるでしょう。格下恋愛では、自分を偽る必要がないので自然体でいられることが多いようです。一緒にいて楽な相手とは居心地のいい関係を築けそうですね。

3:恋愛以外のものを充実させやすい

▽「今までは恋愛に刺激を求めていたせいで、いつでも恋でいっぱいいっぱい。コミュニケーションがあまり得意でないSEの彼と付き合ったら心配事が減ったせいか、趣味や仕事にも没頭できるようになった」(24歳・看護士)

▽「彼の収入は私よりも低い。でもそのおかげで、家事や育児にも協力的だし仕事好きな私にとってはこれがプラスだった」(26歳・教員)

恋愛をすると四六時中彼のことを考えて心が振り回されてしまうという女性もいるでしょう。格下恋愛では、上述したように愛されている自信があるため、無駄な心配をする必要がありません。

そのため、恋愛以外の仕事や自分の趣味を充実させやすいのもポイントです。さらに、家事や育児にも協力的であれば女性にばかり負担のいくことのない生活を実現できそうですね。

「格下」という言葉を聞くとあまりいいイメージは持ちにくいですが、スペック以外の部分で相手のよさを見極めているこの恋愛は、ある種スマートかもしれません。恋愛に疲れた女子こそ、格下恋愛や格下婚を考えてみてはいかがでしょうか?

よく読まれている記事