ゆとり男子に結婚を意識させるには?効果的なセリフ3つ教えます

iStock_000031392696_Small

「自分は草食系だ」と自覚するゆとり世代は多いのでは?

というのも、いま20代を中心に「自分は草食系だ」と自覚する男女が増えているそう。特に草食系の男性の場合、恋愛のアプローチはおろかプロポーズまでも、女性からしなければ関係が一向に進展しないケースもあるのだとか。ゆとり男子との結婚を考えるなら、女性が頑張る必要がありそうです。

そこで今回は、大好きな彼に結婚を意識させる方法のひとつとして、効果的なセリフを3つ考えてみましたのでご紹介します。

「ウチの親、優しいよ~」

結婚は本人同士の問題とはいえ、今も昔も変わらない通過点は親御さんへの挨拶ですよね。でも、普段から「ウチの親は厳しいよ……」と聞かせられていては、彼はあなたとの結婚にプレッシャーを感じてしまうでしょう。傷つくリスクのあるものを避ける傾向にあるゆとり世代、挨拶をためらってしまうのも無理はなさそうです。

そんなときに意識したいセリフが、「ウチの親、すごく優しいから全然大丈夫だよ!」「むしろ気軽な気持ちで来て!(笑)」というひと言です。あなたの言葉に安心して、彼のプレッシャーはだいぶ楽になるはず。

親御さんが本当に厳しい場合は「ウチのお父さん、●●が好きなんだよ~」と、どういう人かを話しておくだけでも彼は心の準備がしやすいかも。また、「ウチもご飯どきはテレビ見ないよ!」など彼の家族との共通点を積極的に話してあげると、彼はあなたの家庭に親近感を抱き、親御さんへの挨拶も前向きに考えられるかもしれませんね。

「けっこう料理とか好きなんだよね」

生活や人生を縛るものを持ちたくないゆとり世代。結婚も「この人なら!」と心の底から思える相手でなければ、なかなか前向きに考えられないようです。こうした男性の心をがっちりと掴んで離さないようにするには、「結婚がいかに素敵で楽しいものか」をイメージさせる必要があります。

例えば「私、料理作るの好きなんだよね~」「●●の好物も簡単に作れちゃうよ?」と、料理上手な一面をアピールするとか。ただし改まってアピールしてしまうと、勘のいいゆとり男子は結婚を促されていると気づいてしまいます。ですので、いたって何てことないように言ったほうが「へぇ、そんなに料理上手だったのか……」と、あなたの料理の腕が確かなことが伝わりやすいはず。

「部屋が片付いてないと気が済まない!」

ゆとり男子と結婚するからには、「結婚がいかに楽で手間のかからないものか」をアピールする必要も。ゆとり世代は便利なものに囲まれて育っていることもあり、わざわざ面倒なことをすることを毛嫌いする傾向にあります。おそらく結婚も例外ではないでしょう。

要は男性にとって結婚後の負担がいかに少ないか、をアピールする必要があるということ。「部屋が片付いてないと気が済まない!」だけでなく、「私、結婚後も働くつもりだから、一緒に頑張ろう?」「お金のことは全然気にしないから、幸せな家庭を築けるといいよね」などです。

男性は女性の家事スキル以外にも、経済的な問題を気にすることが多いようです。彼の負担を少しでも軽くしてあげられるようなセリフだと、効果があるかもしれません。

これらはあくまでも一例に過ぎないので、彼の性格やふたりの関係に応じて、ぜひセリフをアレンジしてみてください。彼との付き合いを楽しむことはもちろんですが、あまり肩に力を入れ過ぎず、結婚について前向きに考えられるといいですね。

よく読まれている記事