高学歴女子ほど男性の学歴を重視する!シビアすぎるその理由とは

Young Asian Woman and Caucasian Man Wedding Photo

「絶対に結婚したい!」と思っている高学歴女子のアナタ。相手の男性のどこが気になりますか?性格や見た目も大事ですが、年収や勤務先も気になりますよね。そうするとさりげなくチェックしてしまうのは、やはり「学歴」ではないでしょうか。

高学歴な女性ほど、男性の学歴にも多くを求めるというデータが出ています。女子のみなさん、心当たりはありませんか?

高学歴女子ほど男の学歴にこだわる

今回ご紹介するのは、雑誌「プレジデント」が行った「結婚相手の理想の学歴」という調査の結果。たいへん興味深い傾向が明らかになっています。

同調査では、女性を学歴別にクラス分け(国立・早慶・上智クラス、MARCHクラス、成蹊・成城・明治学院クラス、日専駒専クラス、大東亜帝国クラス)。それぞれに結婚相手の理想の学歴を質問しています。

相手に自分以上の学歴を求める人は、全体で7割ほどでした。全体では、「国立・早慶・上智クラス以上」が40%、「MARCHクラス以上」が16.6%。

それに対して、国立・早慶・上智クラスの女子たちは、「自分たち以上」が67.8%、「MARCHクラス以上」が2.8%。女子全体でみたときのデータに比べて、「MARCHクラスでも許せる」という割合が極端に下がっているのです。

なぜ、高学歴女子は学歴にこだわるの?

もちろん高学歴だからといって、すべての女性がこのように考えているとは限りません。しかし、国立・早慶・上智クラスの女子の多くが、男性の学歴を気にしていることも確か。それはなぜなのか、実際に国立・早慶・上智に通う女子に聞いてみました。

価値観の違いが生じるから

高学歴女子は、笑いのツボや興味のあるもの、デートのお店やプレゼントの内容などに“格差”を感じると、「自分とは合わないかも」と足切りしてしまう傾向があります。「価値観が合わない人と一緒にいても疲れるだけ」「話が通じないのにうまくやっていけるとは思えない」という意見も聞かれました。

価値観の違いはすぐに変われない部分でもあるため、相手に合わせて苦労したりイライラしたりするよりも、他の男性を見つけたほうがよっぽど楽なのだとか。

世間体が気になるから

「世間体があるから」という意見もあがりました。高学歴女子は恋人を選ぶとき、「親に紹介できる相手かどうか」も重視しているのだそう。「親から反対されたらどうしよう」「親が納得してくれる人でなければ」という気持ちが、知らず知らずのうちに学歴フィルターを強めてしまうのでしょう。

最近では格差婚という言葉も耳にするようになり、女性の方が高学歴・高収入という夫婦も増えました。しかし、高学歴女子の多くはやはり、リードしてくれるような賢く要領の良い男性を選ぶようです。

将来産まれてくる子どものため

自分の子どもにも良い大学に通ってほしい、というのが高学歴女子の願望。それゆえ、結婚相手にも“お勉強のできる遺伝子”を求めるのだとか。結婚する前からはっきりとした人生計画を持っている人が多いようですね。

「子どもに質問されても、すらすら答えられるお父さんじゃないと困る」「いい教育を受けさせてやれるかどうかは親にかかっていると思う」なんて声が聞かれました。高学歴の男性であれば、勉強や学歴の大切さを分かっているはずという意見も。 

こだわりすぎると行き遅れるかも……

Bride holding a sign that says need a husband

高学歴女子たちの訴えには、それなりの理由があったのです。しかし、男性に多くを求めすぎるのも考えもの。

早稲田大学で「恋愛学」の講義を行う森川友義教授は、自分を最低ラインとして異性を探すことを「ベースライン思考」と呼んでいます。このベースライン思考、高学歴女子が陥りやすい落とし穴なのだそう。というのも、結婚相手の男性の条件をあまりに厳しく設定してしまうと、結婚のタイミングを逃すことにつながるというものです。

独身かつ結婚適齢期の高学歴男子は、男性全体でみるとほんの少ししかいません。しかも、あらゆる女子から高い人気を集めています。高学歴女子のアナタ、男性の学歴を気にしすぎていると売れ残ってしまうかもしれませんよ。

実際に付き合ったら、意外とよかったと思うこともあるかもしれません。高学歴だからと言って、頭が良い人だけではないのです。いいなと思う男性ができたら、学歴フィルターをかけずにアタックしてみてはいかかでしょうか。

よく読まれている記事