話すのが苦手だから……ゆとり女子が「ヤリマン」になってしまう4つの理由

japanese friends take a selfie

草食男子という言葉が生まれたように、セックスに関してなにかと消極的なイメージを持たれがちなゆとり世代。ですが、一方で「ヤリマン」と呼ばれる層もまだまだ健在です。

ここでは、ゆとり世代の女子たちがヤリマン化する要因について分析をしてみました。彼女たちはなぜヤリマンになってしまうのでしょうか?

尽くされると嬉しくて……つい男性と寝てしまう

食事代は男性が全額払って当たり前だったバブル世代とは違い、ゆとり世代の女子は割り勘が基本。

そんな女子達が男性から少々高額な物をプレゼントされたり、食事を奢られたりすると、「私、すごい尽くされてる!」とうれしくなって、簡単に身体を許してしまう傾向があるようです。少し年上で小金を持っているような男性にとっては、この上なく楽勝な女ですね。

また、「奢ってもらって申し訳ない」と負い目を感じてしまい、その代償として自分の本位ではないにも関わらず男性と寝てしまうケースも。そんなことが続くと、いつしか男性たちの間でヤリマンと呼ばれてしまいます。

対面のコミュニケーションよりもセックス?

携帯電話やパソコンが幼い頃から普及していたゆとり世代は、対面でのコミュニケーションが苦手。友人同士でも表面的な付き合いを好み、なるべく衝突を避けようとします。人と人でぶつかりあった経験が少ないぶん、深く傷つき自暴自棄に走る傾向があります。

また、比較的ドライな人付き合いが多いため「身近な人に自分の弱みやマイナスな性格(気が短い、イライラしやすい等)をどこまで見せても良いのか?」「見せたところで受け入れてもらえるのか?」など、他人にどの程度弱みを見せてもいいのかがよく分かっていないと言えるでしょう。

向き合ってのコミュニケーションが苦手でも、セックスをすればなんだか分かりあえたような気になってしまうもの。ケンカや話し合いが苦手な女子は、比較的ヤリマンになりやすいようです。

「セックス・アンド・ザ・シティ」に影響を受けて

アメリカの人気ドラマで、映画も公開された「セックス・アンド・ザ・シティ」(SATC)。ニューヨークに住む4人の独身女性が仕事や恋、ファッションやセックスを謳歌する様子を、赤裸々かつコミカルに描いた作品。

SATCといえば、「女性ももっとセックスを楽しむべき!」という文化の先駆け。このドラマに登場する主人公のように、自分の欲望に素直に生きることに憧れる女性も多いのでは。

アメリカでは、SATCに感化されて1000人以上の男性と関係をもった女性もいるそうです。これはかなり極端な例ですが、世界的な大ヒットをみると、SATCは若い女子たちの恋愛やセックス観に大きな影響を与えたことは否めないはず。一時的にヤリマンになってしまった女子、日本にもいるのではないでしょうか。

まわりの価値観に流されてヤリマンに

仲間から孤立するのがイヤ、いじめられたり白い眼で見られたりするのが怖い……といったように、性に対してのハードルが低い人が周りに多いと、その価値観に流されてしまう場合も。「KY(空気読めない)」なんて言葉も流行りましたが、ゆとり世代にとって孤立してまでも異を唱えるのはなかなか難しいことなのです。

このタイプは、初体験の年齢や経験人数を競っているうちにヤリマンになっていることが多いようです。「まだ処女なの?」と言われるのが嫌で、そこまで好きではない男性と寝てしまうなんてこともあるのだとか。

「3Pをした」「○歳も年上の人とヤッた」など、珍しい経験をしたいがために性にのめりこんでいきがちです。

スマホの普及でエロが身近になったから

Woman with a smart phone

いまや大学生のスマホ普及率は90%以上。たとえ実家暮らしでも、自室に入ってしまえばスマホで簡単にAV鑑賞ができる時代です。女性向けの自慰グッズも通販サイトで簡単に購入できるようになりました。

今までタブー視されてきた女子の性欲ですが、スマホでこっそりオカズが調達できるようになったことで、女子が性的快楽を追求しやすい環境になったと言えるでしょう。また、SNSの発展によりネット上で知り合った男性と出会いやすくなりました。

そのため、これまで抑圧されていた女子の性欲が一気に解放。エロに抵抗を感じなくなった若い女子たちが、自由にセックスを謳歌するようになり、ヤリマンが増えたというわけです。

ゆとり女子がヤリマンになる要素を見てきましたが、異性とのセックスを楽しむこと自体は決して悪いことではありません。しかし、流されて好きでもない男性としたくもないセックスをしてしまうのは不憫ですね。

ヤリマンと呼ばれる女子たちには、避妊や犯罪に十分気を付けたうえで、楽しい日々を送ってもらいたいものです。

おすすめ記事