初体験の平均年齢は18.5歳!10人に1人「出会いはネット」だった

Angel standing in a clouds

処女は処女を呼ぶらしく、わたしの友人の処女率は高め。そのため「まだ余裕っしょ」と鼻ほじりつつお気楽処女ライフを楽しんでいたのです。ですが……!

相模ゴム工業株式会社が2013年に行った、「ニッポンのセックス調査」によりますと、女性の平均初体験年齢は18.5歳ということが発覚しました。早けりゃいいってもんではないとは思うのですが、JKに先を越されているという事実に、ない胸がはりさけそう。

同調査では他にもセックスにまつわるデータが沢山あったので、チェックしてみたいと思います。

処女に質問「セックスしてみたい?」

こちらに「イエス」と答えた人は33.1%。んん、これは意外と少ない気がします。

本当は「ウワアァアア!!!セックスしてええええええええ!!!」と思っていても、ウブでシャイな乙女たちは「ノー」と答えるしかなかったのでは?

と、勘ぐってしまいますが、本当に性欲が弱めだったり、そもそも自分の性欲に気づいていない女子が多いのも事実。自分基準で考えてはいけませんね。イけないイけない。

ただ、「セックスしたい」という意思がないと、いつまでも処女のまま……「ヤラミソ」(やらずに三十路の略)を迎えてしまうかもしれません。考えるだけでも恐ろしくありませんか?私だけなの?

いつまでも「べつにセックスなんて興味ないし」とお高く留まっていては、将来後悔することになるかも……。焦る必要はないけれど、少しはセックスについて真剣に考えてみるべきなのかもしれませんね。

「初体験の相手」10人に1人がネットでの出会いOK

「初体験の相手は誰ですか?」という質問への回答は、「同じ学校」「同じ会社」「同じバイト先」「友人の紹介」がほとんどを占めています。ここまでは「ふう~ん、まあそんなもんだよな」という印象ですよね。

一方で驚きなのが「ネットでの出会い」が9.6%を占めているということ。つまり10人に1人がネットで出会って3秒で合体している、ということ?そんな世の中ポイズンですわ。

そうは言ってもネットで出会って結婚まで至った人は、今やゴマンといるわけです。単に「出会いの形式」が増えたってだけのことなのかもしれませんね。それだけネットとリアルの境界線がぼんやりしてきた時代なのでしょう。

また、現実世界の友達と話している時間より、LINEやTwitterで絡んでいる時間のほうが多い……なんて人も少なくないのでは?きっかけはネットであっても、出会いは出会い。「ネットで出会った人なんて無理!」と敬遠していては、いつまでもセックスできませんよ~ということなのでしょう。

ただしリスキーであることに変わりはないので、ネットでの出会いには注意したいものですね。

初体験が早い都道府県TOP3は?

Woman suffering on the bed

堂々の第1位は沖縄県。「ウワァ~めっちゃわかる~」って思ってしまいました。ごめんなさい沖縄の方々。でもあったかくてのびやかな地域ゆえに、性に関しても開放的な考えを持っている人が多そうなイメージがあります。よって納得の結果です。

続いて2位は青森県。こちらはなんだか意外でした。寒いからこそ温かい肌のぬくもりを感じたいんですかね。東北地方は他にも岩手県、宮城県、秋田県がTOP10入りしているので、この推理はあながち間違っていない気がします。

3位は高知県。さすが坂本龍馬ゆかりの土地、処女の夜明けも早いぜよ!……何言ってるんだろう、ほんとすみません。

ちなみに、20代女子の経験人数は5.6人。私たちみたいな処女が足を引っ張っている割には、結構多い印象ですね。ヤッてる人はヤリまくってるということなんでしょう。

突っ込みどころのたくさんある調査で、クリ子も書きながら楽しませてもらいました。ありがとう、相模ゴム工業株式会社さん。いつの日か、あなた方の会社の製品を使わせてもらう日を夢見て。

おすすめ記事