肉食女子に聞いた「気になる男をお持ち帰りする」驚きテク4つ

couple-731890_640

最近は、若い男女の草食化が進み、2人きりでお泊まりをしてもただ添い寝するだけの関係「ソフレ」が話題となっています。

しかし「ただ寝るだけなんて絶対ムリ!」という肉食女子たちもまだまだ健在の様子。彼女たちに話を聞いてみると、「ヤル相手は自分でハントするもの」という共通認識があるようで、お持ち帰りする手口もさまざま。

今回は「体だけの関係の異性がいる、もしくはいた経験のある」という20代女子に、出会いのきっかけやベッドインするまでの流れをきいてみました。

手軽に探したいなら「SNS」

▽「Facebookのやりとりから飲みのお誘いに発展することがけっこうあります。普段からタイムライン上でお互いの近況を覗いているので、さほど深い仲でなくても誘いやすいのかも」(24歳女性)

▽「Twitterで絡んできた人。会う前に実名をネットで調べて、信頼できそうな人だと思ったので飲みに行き、そのままホテルへ」(26歳女性)

▽「月に2~3回、出会い系アプリで知り合った人と食事に行ってます。実際に会ってみて顔が良ければ、セックスもOK」(26歳女性)

意外と多かったのがFacebookやTwitterで出会っているという声。その他、出会い系アプリやソーシャルゲーム上で知り合った人と実際に会って、肉体関係を持ったことがあるという人もいました。

さすがデジタルネイティブ世代。とはいえ、トラブルに巻き込まれないように、自分の身は自分で守ることも大切です。

後腐れなく楽しみたいなら「合コンやナンパ」

▽「飲み会で知り合った人と酔った勢いでお泊まりが定番。1回限りが好きなので、連絡先は交換しない主義」(25歳女性)

▽「どうしてもすぐにセックスしたいときは、渋谷や池袋にでかけます。街中でスマホをいじりながらぼーっと立っていると、30分もしないうちに声をかけてもらえる」(23歳女性)

性欲がおさえられなくてやばい!ロマンスや愛情……ではなく、即物的にセックスを楽しみたいなら、合コンやナンパで知り合った人とワンナイトがおすすめ。

なかには、「セックス前にいちいち飲みに行くのは面倒なので、公衆トイレでしちゃうこともある」(25歳女性)という強者も。周りの人の迷惑にならない範囲でほどほどに楽しみましょう。

セックスの満足度を重視するなら「元カレ」

▽「元カレと家の最寄り駅が同じなので、セックスしたくなると夜中でも遊びに行っちゃいます。お互いにフリーなので今はいいかなぁと」(26歳女性)

▽「交際中はケンカが絶えずに数ヶ月でお別れ。でも体の相性はぴったりだったので、たまに寂しくなると連絡してエッチだけしちゃいます」(27歳女性)

恋人とお別れしたあとも、なんとなく体の関係だけ残り、セフレ状態になっている人も。お互いに付き合う気がなく、割り切った関係であれば、期間を決めて楽しむのもアリかも。

安らぎを求めるなら「大学のサークル」

▽「サークルの友人。愚痴を言いあうだけで終わることもあるし、お互いにその気になったらセックスもします。彼氏より気を遣わなくていいから気楽」(20歳女性)

▽「幼なじみ。昔からの知り合いなので、安心感がある」(22歳女性)

やっぱりよく知らない相手とセックスするのは不安……という人は、男友達や幼なじみを選んでいるようです。その他、仕事関係の人、行きつけのバーのお客さんと答えた人もいました。

梅雨が明ければ、いよいよ夏本番。特定のパートナーはいないけれど、刺激的な夜を過ごしたい……という女子は、本能に身を任せて気になる彼を誘ってみてはいかが?

おすすめ記事