性欲減退女子に朗報?「女性用バイアグラ」について調べてみた

性に対してぐんぐんと興味が湧いてくるかも?

「バイアグラ」というと、男性が飲んでいるイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?

実際にバイアグラは、日本では1999年3月に正式に販売が認められた勃起不全治療薬です。EDに悩む男性の治療として世間に広く知れ渡っていますが、最近では「女性用のバイアグラ」もアメリカで認可されたと話題になっています。

これを聞いて「女性は勃起なんてしないのに、いったいどんな効果があるの?」と不思議に思う人もいるでしょう。

特にハナクロ世代にはセックス嫌いな人が増えていると言われ「性欲がない」「性に対して興味がわかない」という女性も多くいます。恋愛離れも叫ばれるなか、性欲まで減少してしつつあるハナクロ世代……。

そこでここでは、性欲を持とうをテーマに、アメリカで認められた「女性用バイアグラ」について調べてみました。

女性用バイアグラ「フリバンセリン」とは

女性用バイアグラは、米食品医薬品局が認めた、女性の性欲を高めるために開発された初めての薬です。まだ日本では認可されていませんが、アメリカでは認可され、商標名「Addyi」で知られています。

「フリバンセリン」の名前でも知られるこの薬は、ノースカロライナ州の製薬会社で、性欲が減ってしまった女性のために開発されました。特に、後天的な性的欲求の低下の症状を改善するのに効果的だと言います。

「フリバンセリン」を飲むとどうなるの?

男性はバイアグラが勃起不全に役立ちますが、女性がバイアグラを飲むとどうなるのでしょうか?

フリバンセリンは女性の性欲を出すドーパミンの分泌を助けてくれます。そのため、性欲がうすくなった女性が服用すると、性欲が回復し、ムラムラした気持ちになるのだとか。

具体的にはフリバンセリンを飲むことで、膣がぬれ、性欲がわいてきます。男性用のバイアグラと同じくらいに、目に見えて効果が表れるようですよ。

夜の営みに積極的になれずに、彼との間がギクシャクしている……なんていう女性にはラブラブ期を取り戻せる嬉しい薬ですね。

女性用バイアグラを服用するときの注意点

女性用バイアグラは、アルコールとの併用は禁止です。アルコールと一緒に飲むと、失神する可能性があるからです。さらに、めまいや立ちくらみなどの副作用が起こることもあるそう。

また、「今すぐに飲んでみたい!」と思っても、アメリカにある許可を受けたわずかな薬局でしか入手することができません。

とはいえ、男性用のバイアグラが認可されたのは1998年、日本での正式販売が認められたのは1999年。アメリカで認められた女性用のバイアグラが日本で販売される日も近いかもしれません。今後の女性用バイアグラに乞うご期待です!

おすすめ記事