デート、キス、セックス…今の大学生はどれくらい経験してる?

Love

読者モデル6人で編成されているボーイズグループ『XOX』(キス・ハグ・キス)。そのリーダーを務めるのがジェンダーレスモデルの「とまん」(22)さん。

自らを「絶食系男子」と称し、「恋愛やセックスに興味がない」「自分より可愛いと思う子に出会えない」などと過激な発言をし、テレビやネットでも話題となっていますね。

とまんさんは、太ももが30cm、ウエスト54cm、身長163cmにして体重38kgという女性としてもびっくりするのに、まして男性とは驚きのスタイルです。

とまんさんだけでなく、同じく読者モデルの「こんどうようぢ」(23)さんも、テレビで恋愛や性に興味がないことを告白。どうやら、絶食系男子はどんどん増えているようです。

最近では若者の恋愛離れが進んでいるといわれ、男性の草食化が叫ばれていますが、こうなるともう男性かどうかの境目もよくわかりませんね。若者のデートやキス、性事情はどう変化しているのでしょうか?

大学生のうち約8割がデートの経験アリ!

第7回「青少年の性行動全国調査」によると、異性とデートをしたことがある確率は男子大学生が77.3%、女子大生が77.3%という結果になっています。2005年は男子大学生79.0%、女子大生81.5%だったので、デート未経験者は増えている傾向にありますね。

大学が4年間もあって、一度も異性とデートをしたことがないなんて信じられない!なんて思う大学生も多そうですが、ネットやSNSが普及した今では、ネット上だけで恋愛関係を築くこともあるので、さほど驚くことでもないのかもしれません。

また、とまんさんのように恋愛に興味がない!という若者が増加傾向にあることから、男女ともにデート経験がないのも納得がいきます。

とはいえ、約8割の人がデートを経験しているのは、異性に興味がある証拠。ちょっとホッとする結果ですね。

大学生のうち6割以上がキス経験アリ!

また、デートだけでなくキスをした経験の有無の回答については次のような結果になっています。

・キス経験ありの男子大生:66.2%
・キス経験ありの女子大生:63.2%

男女ともに6割以上の人が、異性とのキス経験があると回答。とはいえ、2005年では男子大生が72.3%、女子大生が72.2%という結果だったので、昔と比べるとキス経験がない大学生が増えていることがわかります。

異性と2人で遊びに行く”デート”ならまだ気軽なものかもしれませんが、”キス”はかなりの勇気が必要になります。ファーストキスは本当に好きな人としたい!という人も多く、彼氏ができない限り経験をするのは難しいと言えそうです。

こちらの結果から見ても、やはり恋愛離れが進んでいると言われるのは本当なのかもしれません。

大学生のうち性経験があるのは約半数!

Connection - Young couple sitting on the chairs

さらに大学生にセックス経験について聞いてみたところ、次のような結果になっています。

・セックス経験アリの男子大生:54.4%(2005年では61.3%)
・セックス経験ありの女子大生:46.8%(2005年では61.1%)

男子大生は半数以上、女子大生は半数未満という結果に。2005年時点では男女ともに約6割に性経験があったことから、セックス離れが進んでいる、恋愛離れや草食化が進んでいるといって間違いなさそうです。

とはいえ、男性よりも女性の性経験が大きく減っています。最近ではやらずに三十路、略して「ヤラミソ」という言葉もあるように、性に対して興味がない、もしくは興味があっても踏み込めない女性が増えているのかもしれません。

ちなみに高校生の性経験は次のような結果です。

・セックス経験ありの男子高生:15.0%(2005年では26.6%)
・セックス経験ありの女子高生:23.6%(2005年では30.0%)

ネットが普及しているとはいえ、高校の時点で性経験を持つ男女は昔よりも減っています。ここはちょっぴり安心ですね。

というわけで、デート、キス、セックスともに10年前よりも経験値が下がっていることが顕著になっています。経験がないからといって焦る必要はないですが、恋愛を積極的に楽しむことも大切ではないでしょうか。

三十路になっても、なんの経験もない……では、結婚も遅くなってしまう可能性もあります。「恋愛に興味はないけど、いつかは結婚したい」と考えている人は、今から徐々に恋愛の練習をしたいものですね。

参考:現代性教育研究ジャーナル

おすすめ記事