童貞&処女でも安心!好きな人と愛のある初体験を迎える方法3つ

SEXのこと考える

大学生で初体験を迎える男女は多いもの。「彼氏としちゃった」なんて話を知人から聞くと、つい「どんな感じなんだろう」と興味を抱きませんか?

でも、セックスって本来、好きな人との関係を深める行為のはず。興味本位のエッチではなく、できることなら愛のあるセックスをしたいですよね。

そこで今回は、好きな人と愛ある初体験を迎える方法をご紹介します。

ムリしてまで焦ってしない

若い時ほど、することばかりで頭がいっぱいになりがち。まだ初体験を迎えられていないと、「乗り遅れたくないから」とつい焦ってしまいませんか?

でも、エッチって焦ってするものではありませんよね。それこそ「する」だけのセックスでは、単に「できた」だけに終わってしまいそう。

それよりも、彼との付き合いを考えながら、セックスでふたりの仲が深まるかどうか。そう考えたうえで、彼とするタイミングを決めてみては?

初体験って期待も大きいですが、いざするとなると妊娠のリスクが心配になったり、「彼に飽きられたりしないかな?」と不安も大きいものです。

ふたりの気持ちをきちんと共有したうえで、お互いがしたい気持ちになった時にできると、彼とのセックスはもっと幸せなものになるでしょう。

怖くなったら最後までしない

愛し合うカップル

セックスと聞くと、快感が付いて離れないもの。少女マンガのエッチシーンや女性向けAVに憧れて、ついエッチへの期待が膨らむ女性って多いのでは?でも、セックスって慣れないうちは、思うように事が運ばないことの方が多いです。

特に初体験は、彼とするだけで気持ちがいっぱいになりがち。いざホテルに行ったら怖くなってしまい、最後まですることに不安になってしまうことも。

そんな時は、ムリして最後までする必要はありません。「セックス=挿入」のイメージが強いですが、挿入するだけがセックスではありません。

お互いに裸でハグするだけでもいいですし、お互いの大事なところを触り合うだけでもいいんです。やり方に捉われず、お互いの気持ちを通わせられるセックスを意識してみて。

イメージ通りでなくても落ち込まない

彼とのセックスが消化不良だったとしても、彼とできたことを前向きに考えましょう。セックスで大事なのは、セックスで彼と心を通わせて、関係をもっと深めることです。

最初からすごく気持ち良くて、雰囲気のいいセックスができるカップルはおそらく少数派。どんなに想い合っているカップルも、相手に遠慮して雰囲気がちぐはぐになることはあって当然です。

そのため彼とのセックスが、イメージ通りにいかなくても落ち込まないで。むしろ、彼とできたことを大きな一歩と捉えて、彼ともっと仲良くできるといいですね。

したい気持ちが強くなると、お互いの本当の想いを見失いがちです。ちょっと落ち着いてこんな風にセックスを考えられると、彼との仲がもっと深まると思いますよ。

おすすめ記事