「付き合うなら体の相性を確かめてから」ゆとり女子の奔放な性事情

2364658516_bb8c3be76f_b

ときどきインターネットのコラムで見かける「付き合う前のエッチあり・なし問題」。20~30代の女子のうち、「セックスから交際がスタートした経験がある」と答えた人は、34%。(ゼクシィの調査)

最近は女性誌でも堂々とセックス特集が組まれるなど、性に対する考え方が寛容になってきています。「結婚するまでセックスしない」という価値観は、音を立てて崩れているようです。

「付き合う前のセックスもアリ」31%

性人類学者のキム・ミョンガンさんが監修するモバイルサイト「大人の関係」では、会員の女性たちに「付き合う前にエッチのお誘い、どうする?」というテーマでアンケートを実施。

その結果は、「好きな人ならする」という回答が31%と最も多い結果に。10人中3人は、男性のお誘いに乗ってしまうって予想以上に多いですよね。さらに、「絶対にできない」と断言したのは、23%。わずか4人に1人です。

女性の性格にもよりますが、イマドキ女子の恋愛・セックス観は、急速に変化しているように思います。

カラダの相性は確かめておきたい

都内の女子大に通うクミさん(21歳)は、自身のセックス観について次のように語っています。

「男と女は結局、体の相性が一番大事。すごく好きになってからセックスをして、相手のモノが機能しなかったり、セックスの嗜好性が合わなかったりしたら、がっかりじゃないですか。だから私は『ちょっといいかも……』と思ったら、わりとすぐ確かめちゃいます。

セックスしてみて、『違うなぁ……』と思ったら、1回きりの関係でOK。相性がよかったら、相手の反応を探りながらアプローチをかけるんです。案外、自分がいいかもって思った時は、付き合えるものですよ」

やり逃げされて泣くのは、むしろ男のほう?

セックスに対して非常にドライな考え方を持つクミさんですが、好きになった人と付き合えなかった場合に、「やり逃げされた」という感覚を持つことはないのでしょうか。

「自分がしたいと思った人としかヤラないので、『やり逃げされた』と思ったことはないですね。逆に最近は、男の子のほうがねちっこいんじゃないですか。

この前、バイト先の男の子と2人で飲みに行って、そういう雰囲気になったんですけど、私は『なんか違うなぁ……』と思ったので、途中でやめて帰ったんですよ。それ以来、その人からしつこく連絡が来て。しかも彼氏ヅラしてくるから超ウザい」

男女平等で育ってきたゆとり女子たちは、恋愛もセックスも、「絶対に男がリードすべき」とは考えません。自分の気持ちを大切にし、ときには告白やセックスのタイミングも、リードする、そんな若い女子が増えているのはたしかなようです。

おすすめ記事