GWにもおすすめ!超穴場・コスパ最高の海外旅行スポット・3選

sub2

あと数週間でゴールデンウィーク。皆さんはどこかへ出かけますか。

今年は、5月の2日~6日まで、5連休。さらに前半で平日の4日間に有休を使えば、最大12連休。月の3分の1がお休みになります。せっかくの長期休みだからこそ、ぱーっと旅行へ出かけて、非日常を楽しみたいですよね。

というわけで今回は、トラベルズー・ジャパンが発表した「円安でもオススメできる狙い目スポット・3選」をご紹介します。

タイ/バンコク

main

フライト、ホテルともに選択肢の多彩さは東南アジア随一。円安でも、現地の物価は日本の3~4分の1なので、屋台などを利用すれば300円くらいで美味しいご飯がお腹いっぱい食べられます。

オススメの行程

フライトは、仕事帰りの深夜、羽田発の直行便がオススメ。バンコクに着いた後、まずは5つ星ホテルの朝食やタイマッサージでリフレッシュ。チェックイン 後、日の高い時間はホテルのプールでのんびり。

夕方前にホテルを出て、寺院をのぞむルーフトップバーでサンセットを堪能し、夜はタイ料理のディナーへ。バ ンコクだけなら、2泊4日に亘る短期間の滞在でも非日常を味わえるとのこと。

ベトナム/ダナン

sub2

FIT(個人旅行)の注目度が高まる中、ツアーのお得度が高いのがベトナム。昨年頃から日系航空会社のツアーがぐっとリーズナブルになり、日系航空会社を 利用するFITを計画するなら、ツアーの方がお得でよりオススメ。

オススメの行程

ダナンで、デラックスリゾートホテルに宿泊。旅行の中日でホイアンまたはフエへ日帰り旅行し、ベトナムらしい風景を堪能。

特に、ゆっくりリゾート旅行を満喫したい人には、直行便が就航したばかりのダナンが イチオシ。タイ同様、現地の物価は日本の3~4分の1で、ビールもマッサージも東南アジア随一の安さ。

マレーシア/クアラルンプール

sub1

旅行コストが断然低いのが特徴。LCCや現地の航空会社はもちろん、今夏より新規に直行便を就航する日系航空会社もあるので、日本からのアクセスがさらに良くなるところも利点。

オススメの行程

「世界中で展開する有名5つ星ホテルブランドに世界一安く泊まれるのがクアラルンプール」というのが「高級ホテルファン」の間では定説となっているそう。

例えば、都内にある某外資ブランドの5つ星ホテルに宿泊しようとすると1泊1室あたり6万円台。アジアの他の国でも3~4万円台が相場のところクアラルン プールではなんと1泊1室あたり1万円台で宿泊が可能。

休日はのんびりとリッチな気分を味わいたい人におすすめです。

他にもお得な海外旅行スポットが満載!

「円安」のときに、海外旅行へ行くと損をするというイメージがある人も多いはず。しかし、現地でのコストパフォーマンスが高く、日本からのアクセスが良いスポットは、まだまだあるそうです。

お得情報に精通したトラベルズーのDeal Expertでは、週刊厳選イチオシ旅行情報メールマガジン「Top 20™」や、イチオシ旅行情報号外メール「Newsflash™」にてオトクな旅情報を配信しているとのこと。

ゴールデンウィークやこの夏の旅行先として、海外を検討している方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

参照サイト:TRAVELZOO

よく読まれている記事