コスパ最強で非日常も楽しめる「夏のおでかけスポット」を厳選!

e5c2851bd02fa507c392f5b6076428c0_m

気が付けば2015年も上半期が終了!あっという間に7月ですね。そろそろ夏のおでかけの計画も立てたい頃なのではないでしょうか。今回は、ゆとり世代ならではの「夏のおでかけスポット」を厳選してご紹介したいと思います。

「青春18切符」で、コスパ最強、日帰りプチ旅行

春、夏、冬の年3回、学生が長期休暇の時期にJRから販売されている「青春18切符」。普通列車と快速列車が1日乗り放題で、価格は5回分がワンセットで1万1500円。1回分にして2300円という超お得な切符なのです。

とはいえ、いきなり遠くまで行くのはハードルが高いですよね。そんなあなたにオススメなのが近場の観光地から攻め入ることです。日帰りでも十分に旅行気分が味わえちゃいます。

東京にお住まいなら静岡県の熱海、三島、伊東方面はいかがでしょうか。所要時間2時間程度で、海水浴や温泉はもちろん、新鮮な魚介類も楽しめます。自然も豊かで都会の喧騒から離れてリラックスすることができるでしょう。

山梨県から長野県への横断の旅もお得。甲府でほうとうの夏バージョン「おざら」を食べた後、涼しくて自然たっぷりの長野でのんびり過ごす1日も素敵ですね。

「BBQ女子会」を開催してSNSで自慢!

夏のイベントといえばBBQは定番ですよね。男女混合でワイワイやるのも楽しいですが、今年の夏はあえて女子だけで開催しちゃいましょう。

「BBQ女子会」のメリットはSNSで自慢するために、見た目重視に、ひたすら可愛く演出できるところです。

写真を撮る際に、可愛い雰囲気のポイントとなるレジャーシートは外国風の柄物をセレクト。赤のギンガムチェックにすると、一気にガーリーになりますよ。

カラフルなコップや紙皿、木製のカッティングボード、バスケットなどを用意すれば、そこはメルヘンな世界。食材も、肉と野菜の比率を1:1にして女子力を高めに。バゲットを持参して、サンドウィッチをつくるとよりお洒落度が増しますよ。

肝心のファッションも、友達同士でカラフルにそろえると、グッと可愛らし上昇。気分も高まって、より楽しいBBQになりそう。仕上げにSNSに写真をアップして、沢山の「いいね!」をゲットしちゃいましょう。

東京にいながら非日常を味わえる「穴場スポット」

東京といえば大都会。人が大勢いる賑やかスポットしかない……わけではありません。

東急大井町線「等々力駅」にある、等々力渓谷は、東京の名勝に指定されている自然豊かなスポット。23区内にいながら、のんびりとした時間が過ごせます。

隅田川や東京湾で屋形船に乗るのも、ちょっとした贅沢気分が味わえますよ。「屋形船街コン」なども開催されるので、夏の恋を始めるのにピッタリかもしれません。

また、川のよく見える屋敷で美味しい料理を堪能する、京都の夏の風物詩「川床」。これが、青梅市の御岳駅から歩いて10分の料理旅館「ゆずの里勝仙閣」でも味わえます。日本の名水百選にも選ばれた「御岳渓流」を眺めながら頂く懐石料理に舌鼓を打つのもまた乙ですね。

お金や時間がなくても、ちょっとした工夫で十分に楽しめます。日常からちょっぴり離れて、コスパ最強の夏のおでかけをしてみてくださいね。

よく読まれている記事