虫歯ポーズの次はこれ!Twitterでよく見かける「#サムポーズ」って何?

sub2

スマホやSNSの普及で、自撮りをする機会が増えた今、若い女性たちはかわいく映るための研究を怠りません。少し前までは、あひる口、虫歯ポーズ、ハムハムポーズなどが流行っていましたが、この秋は「サムポーズ」が大流行の予感。

Twitterでは早くも「#サムポーズ」というハッシュタグとともに、自撮り写メを投稿するJKが続出しています。いったいどんなポーズなのでしょうか。可愛く撮る方法をチェックしておきましょう。

盛れること間違いなし?「サムポーズ」とは

サムポーズとは、親指を唇に当てるポーズのこと。親指を意味する英語の「Thumb」から名付けられたようです。サムポーズの生みの親は、人気モデル・小梛準子(おなぎじゅんこ)さん。

10代女子向け総合メディア『マイナビティーンズ』が、3か月後に流行るものとして「サムポーズ」を予測しているほど、今注目のトレンド。

親指を唇に当てたまま、ウィンクをしたり、上目遣いにしたり、自己流のアレンジを加えるのがかわいく撮るコツ。プリクラやSNSにアップする自撮り写メでも、“盛れる”と好評です。

サムポーズの魅力3つ

ここでは、流行のサムポーズに隠された魅力に迫ってみましょう。

小顔になれる

せめて写真だけでもなるべく小顔に映りたいのが乙女心。口元に手をあてると、気になるフェイスラインや二重あごが隠すことができます。手が大きく映るので、自然と顔が小さく見える効果があります。

色っぽくなれる

サムポーズはアヒル口とあわせて行うと、可愛さ倍増。ぷっくりとした唇が強調されるので、キスをおねだりしているかのような甘え顔になれちゃいます。口をぽかーんと開けたままにすれば、流行の抜け感も演出できちゃいます。

ネイルも自慢できる

せっかくおしゃれにネイルをしたなら、写真にも残しておきたいですよね。そんなときも、サムポーズがおすすめ。さりげなく親指の爪をカメラのほうに向けて撮ると、一瞬にしておしゃれ女子に変身できるはず。

アレンジ次第でいろんな表情を作れるのが、サムポーズの魅力。いつもより“盛りたい”気分のときに、ぜひ試してみてくださいね。

よく読まれている記事