いくつ知ってる?「ギャル流行語大賞2015」トップ10

パーティを楽しむ3人の女性

先日、2015年の流行語大賞が「爆買い」「トリプルスリー」のふたつに決定しました。「本当に流行ってた?」「なんかピンとこない~」などという意見もちらほら見られましたが、流行語大賞はなにもこれだけではありません。ここではトレンドをけん引するギャルたちにならって「2015年のギャル流行語大賞」のトップ10をご紹介します。ゆとり世代よりも少しだけ年下の彼らの流行語、いくつわかるでしょうか?

ギャル流行語大賞を発表!

10位:つ

例:「それってつじゃね?」「あんたつじゃん!」

「つ」ってなんだよ!と突っ込みたくなる人も多いでしょう。「つ」とは「都合のいい女」の略語だそうです。確かに「それって都合のいい女じゃん……」というよりは「それってさー、つじゃない?」と指摘したほうがマイルドになる気もしますね……。

9位:やーよ

例:「年齢? そんなこと聞いちゃやーよ!」

タレントのgenkingさんがよく使っていることば「やーよ」は、「やめて」や「やだよ」という意味のギャル語です。「やだ!」と否定するよりは、まろやかな印象になる言葉ですね。気まずい質問や答えたくないものにたいしては「やーよ」で返しましょう。

8位:メンディー

例:「テストとか……メンディー……」

メンディーは、エグザイルのメンバーである関口メンディーさんから派生したことば。「ゴメンディー」や「ダメンディー」など語尾をメンディーにするのがトレンドです。最近では「面倒くさい」とう意味で「メンディー」を使う人も!

7位:レベチ

例:「うわこれレベチでうまいわ!」

色違いのことを「イロチ」と言うことがありますが、レベチは「レベルが違う」の略称です。「えー、あんたの彼氏レベチじゃね?」「木下優樹菜の可愛さはレベチだわー」なんていう使い方をするそうです。

6位:鬼コ

例:「前ご飯行ったっていったじゃん?あいつが鬼コしてくるんだけど……」

鬼コは「鬼コール」、つまり大量の着信を残してくるという意味。ちょっと前だと「鬼電」なんていわれましたね。

第3位「リア充」をおさえて1位を獲得したワードは?

5位:cp

例:「田中cpマジ憧れる!」

そしてカップルの略称が「cp」。プリクラや加工アプリでは「カップル」と記載するのではなく「cp」とオシャレにまとめるそうです。また芸能人カップルに対しても「cp」と略して使う女子も多いそう。たしかに「アベック」じゃあ、古すぎますね。

4位:初見

例:「初見です!」「初見さんだ!わーい、いらっしゃい」

「初見」は、ツイキャスから派生した言葉です。放送を始めてみたユーザーが「初見です」とツイキャス主に自己紹介したことからはじまったそう。「初見さんいらっしゃーい」なんて返されることも多いようです。

3位:リア友

例:「マミちゃんはネッ友じゃなくてリア友だし~」

およその想像はつくと思いますが、リア友は「リアル友達」の略。ネットでもオフ会でもなく現実生活を共にしている友達のことを言います。ちなみに「ネッ友」はネット上の友達のことを言います。

2位:○○かよ

例:「最高かよ」「面白すぎかよ」

可愛い写真に対して「可愛すぎかよ」とツッコミを入れたところからはじまったのが「○○かよ」です。「面白すぎかよ」「最高かよ」などとフレンドリーに突っ込むことで距離が近くなるそう。

1位:パリピ

例:「友達がめっちゃパリピで~」「パリピなう~!」

そして堂々の1位が「パーティーピープル」を略した「パリピ」。一時は「パーリーピーポー」なんて呼ばれることもありました。夜遊びで飲んだくれたりクラブで踊ったりすることを「パリピ」と呼ぶそうです。

ほかにも「あーね(あー、なるほどね)」や「り(了解)」などの略語もあるそうで……。ゆとり女子のみなさんはいくつわかりましたか?

よく読まれている記事