もう時代遅れ!?10代が使わなくなった3つの「ウェブサービス」

男女で写真を撮るグループ

時代は日々めまぐるしく変化するもの。ちょっと前に流行したアレコレも、いつの間にか姿を消してしまったなんてことがよくあります。

私たちの日常生活に欠かせないSNSやネット関係の類いもその一つ。そこで今回は、10代が使わなくなったウェブサービスまとめてみました。

デザインがダサい!?「ニコ動」

リアルタイムで動画にコメントを投稿できる特徴をもつ「ニコニコ動画」。自らが放送主として画面の向こう側の相手とコメントを交わしたり、自分自身で盛り上げて楽しみを共有できることから話題になりました。

長時間ものの動画をアップロードができるなど長所もありますが、不適切な動画を生放送する人がいたりと度々問題になることも……。今では「なんかダサい」「おじさんが使っているイメージ」と、10代の若者から悲しい声も聞こえてきます。

そんなニコニコ動画に取って代わったのが「YouTube」。10代の利用率は57.4%と、かなり高い数字を叩き出しています。アカウントを登録しなくても動画を視聴できるところや、世界各国の動画を視聴、共有できるところが人気の秘訣のようです。

また、「パートナープログラム」と呼ばれる、パートナーに登録すると動画の広告から収益を受けられる仕組みから、「YouTuber」という職業も誕生。今や若者の憧れの職業になっているのだそうです。

イマドキの若者は「ググらない」

「検索といえばGoogle」というイメージが根強くありますが、10代の若者のGoogle利用率はあまり高くないようです。「Googleで検索しても、スポンサーの広告がでてきたりリアルな情報じゃない」という冷静な意見も。

確かにSEO対策がバッチリされているので、リアルタイムネタは検索エンジンではヒットしにくいという弱点があります。それに代わって、若者から高い支持と信用を得ているのが「Twitter」などのSNS情報。

今はグルメや観光地の情報を「Instagram」で入手するのが当たり前の時代。特に、ファッションやメイクやネイルなど、美容に関するオシャレな情報を集める女子が多いよう。10代の間でも、流行に敏感な「インスタ女子」が急増しているようです。

ニュースサイトも「LINE」が席巻!

ある調査では、10代が利用するニュースサービスは「LINE」33%で、「Yahoo!」が30%という驚きの結果に。ここでもLINEの勢いは止まりません。

LINEニュースは「3分で話題やニュースが読める」がテーマ。分かりやすく要約されているで、普段ニュースを読まない人でも理解できる読みやすさが特徴です。

10代の若者は、自分の興味のあるニュースだけをピックアップして効率よく閲覧しているよう。「自分でニュースを探しにいくより、定期的に情報を受け取る方が楽」という意見も頷けます。

電話やメールなど他人とのコミュニケーション手段として、今やなくてはならない「LINE」。イマドキの若者にとって「LINE NEWS」は、非常に身近な存在なのかもしれませんね。

今キテるのは「Snapchat」、通称「スナチャ」

今10代から大学生を中心に爆発的な広がりを見せる、新星「Snapchat」。動画や写真を友達と共有できる画像チャットアプリですが、その画像の閲覧時間を制限できるという他にはない特徴をもちます。

時間が過ぎればその画像を見ることはできなくなるので、くだらない画像も気軽に送れると人気を呼んでいます。今や利用者数は2億人を突破!芸能人も、スナチャを使って新たな写真や動画の楽しみ方をしているようです。

今後も、時代の変化とともに新しいサービスが生み出されていくはず。私たちゆとり世代も、それを使いこなせる柔軟さをもちたいですね。

よく読まれている記事