給料日前でも盛り上がれる!コスパ◎の楽しすぎる夏レジャー6選

Traditional Japanese culture

夏イベントって、たくさんあってワクワクしませんか?だけど心配なのは、お金のこと……。どうして、楽しいことってお金がかかるのでしょうか。

というわけで今回は、若いゆとり世代に嬉しい「コスパ最高の夏イベント」をまとめてみました!あまりお金をかけずに、それでいて存分に楽しめるものばかりです。

夏祭り

鉄板すぎますが、まずは絶対に外せない『夏祭り』。花火大会だけ、お祭りだけ、花火もお祭りも開催するなど色々な夏祭りがあるので、何度行っても楽しい夏イベントですよね。

花火は有料観覧席以外でふらっと見に行くだけなら無料、お祭りだけ楽しむ場合でもさほどお金がかかりません。仲良しメンバーでわいわい行くのも、気になる人と2人で行くのも楽しい夏祭り。今年の予定を今からチェックしておきましょう!

肝試し

暑い夏、ドキドキしつつ涼める『肝試し』。かく言う筆者は全くホラーものを受け付けないなので、オススメしておきながら誘われても行けませんが……これもお金がかからず盛り上がれる夏イベントです。

もちろん、誰かの家に集まって怪談話で盛り上がったり、ホラー映画を借りてきて見るのも良いと思います。かの有名な『吊り橋効果』で、気になる人と近づける可能性も!

ホタル・夜景観賞

ホラーは苦手!という方は、『ホタル・夜景観賞』をお楽しみください。お金がかかるのはレンタカー代くらいで、実家の車を使える場合は無料で楽しめちゃいます!

穏やかな空気の中、友人同士はじっくりと語り合えますし、気になる人とは良い雰囲気になれちゃうこと間違いなしです。

高校野球

母校やお気に入りの学校への応援に熱が入る『高校野球』。テレビで見るだけならタダですし、球場に観に行っても入場料は安いです。高校の同窓生と久しぶりに会うチャンスもできますし、スポーツ観戦が好きな方にはオススメ!

自然と青春時代を振り返るので、かつてのクラスメイトとひと夏の恋に……なんてこともあるかも?

登山

東京近郊にも、電車で行って日帰りで帰ってこられる登山スポットがいっぱい!昼間からアクティブに遊びたい方にオススメの夏イベントです。ただ、山の上だから涼しいとはいえ、真夏になると登山中の日差しはかなり強め。あまりにも暑い日はロープウェーで登るのも一つの手です。

お金がかからないのも良い点ですが、友達と1日だけ予定を合わせれば旅行気分が味わえるのも嬉しいポイントですね。

海水浴

登山ときたら、最後は『海』!レンタカーと駐車場代くらいで1日満喫できる夏イベントです。海に入って遊ぶも良し、ビーチでスポーツするも良し、パラソルの下で語るも良し。大人数だと飲み会の場所も限られてしまいますが、海ならそんな問題もありません。

最近は音やお酒の規制が増えてきているので、どんなふうに楽しみたいのかメンバーで話し合ってから行き先を決めたいですね。

本日、筆者の住んでいる地域は大雨ですが、書いているうちに気持ちが完全に夏モードになりました。梅雨明けが楽しみですね!

よく読まれている記事